26日 4月 2020
「空き家の問題」関連の記事の制作協力で取材を受けました。 「親がなくなり実家が空き家に…そのままだとどうなる?」 この他にもいくつかのタイトルで掲載されています。 関心がある方はご笑覧ください。 記事はこちら
26日 4月 2020
「新型コロナショックのなかで生き残るために賃貸オーナーは今何をしておくか」 新型コロナウイルスの感染拡大が不動産投資に与える影響は、第3ステージに入ろうとしています。 賃貸オーナーが今後生き残るための視点と行動について解説しています。 記事はこちら
18日 4月 2020
4月16日に、日本経済新聞出版から出版されました。不動産の相続にかかわる章の執筆を担当しました。 相続に関する幅広い分野について分かりやすく解説しています。 宜しければ書店でお手に取ってご覧ください。 本の紹介はこちら
12日 4月 2020
新型コロナウイルスで感染された方、お亡くなりになられた方には、謹んでお見舞い、お悔やみを申し上げます。 当オフィスでは、感染拡大防止のため、当面の間、面談による個人相談を控えさせていただきます。 メールおよびZOOMによるご相談はお受けしていますので、メールフォームにてお問合せください。
30日 3月 2020
感染拡大が止まらない新型コロナウイルスをテーマにコラムを書きました。 「新型コロナウイルスが不動産投資に与える影響は?  ~足元のレポートと今後のシナリオ~」 記事はこちら
24日 3月 2020
タイトルは「古いアパートを相続したら賃貸経営か売却か。空室・修繕費への対応策」です。 記事はこちら
07日 3月 2020
「永遠に続く税務署と不動産オーナーのバトル~令和2年度の税制改正で追い詰められた租税回避~」 令和2年度税制改正では、土地税制において、税制の抜け穴を利用した租税回避を阻止に力を入れていることが分かります。今までも繰り返されてきた不動産オーナーと国の税金をめぐるイタチごっこは、これからも続くのでしょうか。 記事はこちら
24日 2月 2020
タイトルは「仲介手数料は0.5カ月分が上限」判決が与える賃貸オーナーへの影響は? 1月に注目の裁判の判決が出ました。 今後、不動産オーナーにも影響を与えかねない判決の内容と今後の対応を解説しました。 記事はこちら
22日 1月 2020
タイトルは「空き家などの譲渡にかかる3,000万円控除の特例」です。 深刻な空き家問題に対処するため、一定の条件を満たした空き家を売却した場合、3,000万円の利益までは税金がかからないしくみです。将来、空き家を相続するかもしれない方はぜひお読みください。 記事はこちら
08日 1月 2020
タイトルは「不動産投資の処方箋『決めない症候群』」です。 前回のコラムの続編となります。 住まい探しにも通じる内容になっています。 ご興味のある方はご笑覧ください。 記事はこちら

さらに表示する